検索順位とコンバージョンの関係について解説

SEOでは、あくまでもホームページへのアクセス数を増やすということを目的としているものであり、検索エンジンでの検索順位が上位に表示されるようにするのは、アクセス数を増やすための手段のひとつでしかありません。単純にアクセス数がSEOに求めるゴールであれば、それでも問題ないものですが、たいていの場合には営利目的としていることも多く、そこからコンバージョンに発展することが必要です。このあたりがSEOでアクセス数が増えたものの費用対効果が十分でないといった利用者の悩みといえます。

検索順位が上位に表示されるということは少なくとも検索エンジンにとっては、評価されていることを意味しています。このため良質なコンテンツがあれば、ユーザーが求めるものとニーズが一致してコンバージョンも高まる傾向にあるものです。しかし、良質なコンテンツが用意できていない場合にはアクセス数が増えても、ユーザーの満足する内容ではないためにコンバージョンが行われないどころか、離脱率が高くなることで検索順位を下げる結果にも繋がります。このため、検索順位の良さが必ずしもコンバージョンに繋がるとは限りませんが、コンバージョンに繋がらないような場合には検索順位を維持することも難しくなるものです。

このような悩みを解決する方法は、コンテンツを充実させることで、コンテンツがすでに充実している場合には、リライトを行うことで改善することができます。リライトの作業としては、コンテンツを調べて問題点を確認しその情報量が適切であるのか調査し、そこからリライトを開始するものです。リライトではコンテンツの情報量を適正なものにし、また利用者にとってわかりやすいものであるかを確認して、わかりやすいものに改善します。出版の世界であれば推敲と呼ばれる作業ですが、SEOとしてのリライトは、その目的は検索エンジンの評価を高めることや、訪れたユーザーがコンバージョンしやすい環境を整えることです。

これらは、SEO対策と同時にコンテンツを改善することで、アクセス数が増えたもののコンバージョンが増えないといったパターンや、逆にアクセス数をもっと増やしたいといった悩みを解決することができます。いずれにしても検索エンジンの検索順位が良く中身のあるコンテンツが揃っていれば、営利目的としてホームページを開設している場合には費用対効果のうち効果を高めるといったことが可能です。