被リンクによるSEO効果とは

パソコンを使っている女性

検索サイトの検索結果の上位に表示させるためには、SEOと質の高いサイト作りを行う事が基本です。この両者のどちらかが欠けてしまえば十分にアクセス数を増やし、またコンバージョンに繋げる事ができません。SEOの中でも特に効果があるものとしては、被リンクの存在です。

被リンクとは、目標のホームページとリンクしている事で、それが多いほど検索エンジンの評価を獲得しやすくなる傾向にあります。近年は検索エンジンに人工知能が導入されるようになっており、質の高いサイトはコンテンツによって判断される事も増えていますが、それでも被リンクの数は重要な要素となるものです。被リンクが多いという事はそれだけそのサイトが信頼されているという風に判断されるためで、さらに専門性のあるサイトからもリンクがされていれば、そのホームページのコンテンツも専門性があるものと判断される事になります。そもそもインターネットの世界では、リンクによってつながっており、リンクのネットワークの中に入っている事がアクセス数を増やすための重要なポイントになるものです。

一方で、被リンクといっても、そのリンク先の信頼性によっても評価が変わる事に留意しなければなりません。例えば中身の薄いサテライトサイトを大量に作ってリンクをしても、一時的に検索エンジンの評価を獲得する事ができても、再調査のさいに評価が下がる可能性があります。またリンクの仕方についても工夫が必要で、単純にリンクを増やせば良いというものではありません。

リンクをするという事で気をつけないのはリンクジュースです。リンクジュースはホームページの評価が、被リンク先に伝播していくものでホームページの評価が高いところに被リンクしてもらうほど、その恩恵を受けやすいものになります。もちろん最初は自身のホームページの評価を上げるためにリンクをしてもらう事が必要になりますが、質の高いサイトになれば反対にリンクジュースを与える側になるものですが、被リンク先の評価がフィードバックする事もあり、コントロールする必要性も出てきます。コントロールするための方法としてはnofollowがあり、このnofollowを使う事で、自身のホームページには不適切なホームページへのリンクを避ける事が可能です。このような事から被リンクによるSEOでは、検索エンジンに対して高評価を受けるための効果のほか自身のサイトの評価を下げるようなリンクをさせないといった作業が中心になります。