SEOにおけるページタイトルの重要性について

色々なSNSのアイコン

SEOを行う際にもっとも基本的なものがページタイトルの工夫です。ページタイトルは付けなくても良いものですが、付けることでブックマークに登録するさいのタイトルとなりますし、また検索サイトで表示される時にも使われます。たいていの人はこのページタイトルを見て、自身が求めている内容があるのかを判断することになるためページタイトルの良し悪しがアクセス数に直結することになるものです。このようなことからSEOではページタイトルを工夫することは基本中の基本になります。

ページタイトルを付けるときの基本はわかりやすいこと、検索キーワードが含まれていることの2つです。また、文字数も無駄に多くすることなく簡潔にすることが重要になってきます。もちろん長いタイトルでも良いケースもありますが、あまりにも長過ぎると検索サイトに表示されたときに表示しきれずに、せっかくキーワード検索で上位表示されたとしてもユーザーが訪れてくれる可能性を下げることになるものです。このためわかりやすいもので簡潔、文字数が適度なページタイトルを付けることがSEOになります。一方でページタイトルにキーワードを入れる時にも、文字列の前方に入るようにして注目されやすいようにする工夫が大切です。ユーザーにとっては目的のキーワードが求める情報の重要な位置を占めているものですから、検索した際にそれが見えるタイトルの前方にあればそれだけ訪れてくれるチャンスも増えます。

このほかに気をつけたいことは、ユーザーが使用している環境です。以前はPCからのアクセスがほとんどでしたから、PCに合わせてホームページを設計するのが中心でした。しかし、現代ではスマートフォンやタブレットといった携帯端末が普及し、そこからアクセスする人が多くを占めるようになっています。PCの場合には、制約はほとんどありませんが、スマートフォンなどの場合にはデータ通信の制限があることから、通信量を抑えるといった工夫が必要です。また、表示できる範囲もPCと比べると小さくなっているので、ページタイトルはより簡潔にすることが求められます。

このようなことからターゲットとなるユーザーの使用環境に応じてSEOを行うことが重要です。特に若者向けなどスマートフォンの利用者が多い場合にはPCユーザーよりもスマートフォンユーザーが注目しやすいような対策を行うことで、費用対効果を高めることができます。