SEOにおける内部リンクを整える意味について

検索エンジンは絶えず情報を収集して分析を行い、それらを元にユーザーが入力した検索キーワードに対して関連性の高いホームページを表示するようにしています。この情報の収集はクローラーとも呼ばれ、表面的なトップページだけでなくそこからリンクを辿っており、このためSEO対策では被リンクが重要とされる理由です。一方で被リンクはあくまでも外部からのアクセスを前提としているのに対して、SEO対策では内部リンクにも注意を払わなければなりません。

そもそもホームページは複数のページで構成されているものであり、検索エンジンはすべてのページを検索して評価しています。つまり、検索キーワードに対して関連性の高いものが多いほどそのホームページ全体の評価が高まり、その結果検索結果でキーワードがマッチすれば上位に表示されることになるものです。一般的なSEOでは外部リンクが重要視されますが、より持続的に検索順位を上位にキープするためには内部リンクを整えることも重要なことになります。

また内部リンクを最適化することで、そもそも利便性が高まりますし、検索エンジンのクローラーなど回遊性の情報収集をしやすくすることによって評価も高まるものです。基本的な最適化としては、第一にはリンクが繋がっていることがあげられます。

ホームページを運営している上で起こりやすいことはリンク切れで、何らかの理由で表示されないケースがあるものですが、このような状況は極力さけること自体がSEO対策になるものです。リンク切れになる理由は、新しいページを更新した時に起こりやすく、このような場合には確認作業を行うことが必要になります。ただ大規模になるほど、これらの作業が煩雑になるため作成ソフトウェアを使用したりリンク切れチェックのアプリを使うなどの工夫が作業効率を高めるためには必要です。

内部リンクを整えること自体はユーザーの利便性を高めることになるので、使いやすいホームページを作るという意味でも有益なことといえます。特に利用者は検索エンジンで表示される情報を元に必要とするコンテンツを見るためにやってくるわけですから、そのコンテンツがリンク切れになっていれば、それだけ評価が下がることになります。これは検索エンジンの回遊性の情報収集を行っているクローラーでも同様であり、内部リンクを整えること自体はSEOはもちろんホームページの質を高めるといった意味で配慮しておくべき行為です。