SEO対策キーワードを見つける方法

SEOでの基本としては、対策キーワードを見つける事です。検索エンジンはクローラーを行う事で情報を収集しており、さらに分析してインデックス化する事で、ユーザーが入力したキーワードに応じて結果を表示させます。このさいに特に評価が高くなるキーワードがあり、それが対策キーワードと呼ばれるものです。このため対策キーワードを見つける事がSEOで効果を出すためには欠かせないもので、専門に行うキーワードプランナーと呼ばれる無料で使えるツールも存在するほどです。

対策キーワードとして選ばれやすいのは、ひとつはクリック数の多いキーワードやサジェストでの表示回数が多いものなどが挙げられます。つまり検索される時に入力されるキーワードに近いものであれば、それだけ検索エンジンでの評価が高まる事になります。検索をするユーザーにとって好まれやすいものですが、反対に言えば競合率が高い事にも留意しなければなりません。
SEO対策キーワードを見つけるためには闇雲に行っても意味がないものですが、一方で検索エンジンとしても負担を軽減するために積極的に情報を開示しています。そのためのツールのひとつがGoogleが提供しているキーワードプランナーと呼ばれるもので、無料で利用する事が出来ます。これはGoogleが自身のサイトでの検索結果から、利用者もホームページへアクセスした時のキーワードを表示しているもので、これを見ながらホームページ作りをする人もいます。

キーワードプランナーでは、検索キーワードやクリック数、表示回数のほかサジェストなどの情報をサーチコンソールから知る事が可能です。このさいに検索された時の表示順位もあり、これを元にしてコンテンツ作りを行えばホームページの質を向上させる事が可能です。例えばサーチコンソールでは、検索結果のもっとも高いキーワードを知る事ができ、それらを中心にコンテンツを充実させていけば、それだけでも質の高いホームページを作っていく事が出来ます。

また検索アナリティクスでは、アクセスしたあとの行動を知る事ができ、内容としては、各ページの検索画面の表示回数やクリック数などを知る事が可能です。検索ボリュームでは使用されたキーワードの数を知る事が出来ます。このようなキーワードプランナーの検索アナリティクスや検索ボリュームを使う事で対策キーワードを見つける事ができ、そこからホームページを発展させる事ができるものです。