公開履歴
パソコンを使用している男性

企業がインターネット上でホームページを開設するさいに行うべきもののひとつがSEOと呼ばれるものです。SEOはサーチ・エンジン・オプティマイゼーションの略で、日本語では検索エンジン最適化と呼ばれるもので、その名の通りGoogleなどの検索サイトで検索された時に上位に表示できるようにします。
インターネットからのホームページへの来訪者のほとんどは検索サイトでキーワードを入力し、表示されたところからアクセスしてくるものですが、この時には膨大なホームページが結果として表れるものです。そして、実際に訪れてくれる人は最初に表示されたところにしかアクセスしませんから、来訪者を増やすためには出来るかぎり上位に表示されることが重要で、その対策を行うのがSEOになります。

SEOを行う方法はいくつかありますが、ひとつは適切なキーワードが検索エンジンの情報収集の時に取得されるようにすることです。しかし、競合相手の多いキーワードの場合には、検索エンジンのアルゴリズムを理解して表示されやすくするといったことも行われます。ただ気をつけなければならないのは、検索してくるユーザーにとってそのニーズを満たすだけのコンテンツの有無です。近年の検索エンジンはSEOの普及とともにより高度なアルゴリズムを使って情報を収集しており、単にSEO対策がされているだけで中身のないホームページは排除されるような工夫がされています。このようなことから、現在のSEOでは単に検索エンジンに対応するだけでなく良質なコンテンツを作ることのサポートするのもSEO対策になっているものです。

SEOでは、まずは検索エンジンに対して良質なホームページであると判断してもらう必要があります。これらを行うためにはホームページを訪れたユーザーのニーズを満足させるほどの内容が充実しているかがポイントです。また内容が充実していても更新がされていない場合などは表示されにくくなります。ただ更新されていないといっても競合するキーワードの登場の有無によって変わってくるもので、唯一無二の内容であれば、順位は上位に表示され続けるものです。

また、ホームページが信頼されているかは内部リンクの数が影響すると言われています。内部リンクが多いほど、それだけ他のホームページからのアクセスも多いと判断して順位を上位に表示させる傾向にあるためです。ただSEO(サーチ・エンジン・オプティマイゼーション)では、多少強引なやり方をすればコンテンツがなくても上位に表示させるといった一種の操作できます。しかしこれらの操作は不正と見做されペナルティを受けるリスクがあるものです。このため業者に依頼するさいには、単なる検索エンジンの上位表示だけでなくコンテンツ作りのサポートを行うなどの継続的な効果の持続が期待できるユーザー第一のところを選ぶことが重要です。